YouTube動画のダウンロードは違法なのか?

目安時間:約 6分

どうもっ!

 

情熱ダンディー、JD(ジェイディー)です!

 

 

ワタシのようなバブル出身おっさん連中は

 

テレビ漬けの青春時代を送ってきましたが

 

最近の若人は

 

すっかりテレビ離れらしいですね。

 

 

まあ、たしかにオッサンのワタシなんかも

 

テレビ見なくなってるかもな~~。

 

 

でもたぶん、映像離れってわけではなくて

 

ニコニコ動画やYouTubeとか

 

動画配信アプリなんかもあるし

 

AbemaTVとかのネットテレビも

 

手軽に見られますしね。

 

選択肢も増えてるってわけですね。

 

YouTube動画のダウンロードって・・・

 

そんな感じなので

 

YouTubeとか見てて

 

「この動画、保存しておきたい」

 

なんて思ったり

 

音楽動画をDLして楽しみたい!

 

なんてこともあるかもしれないですね。

 

 

そこで気になるのが、

 

「これって、違法なの?」

 

ってこと。

 

 

最近は著作権についても

 

徐々に厳しくなっているので

 

気付かぬうちに「犯罪者」ってことも

 

ありえますよ。

 

決して大げさな話ではないんです。

 

 

 

YouTubeをビジネスに活用しようって

 

考えている貴兄には

 

とっても重要な話です!

 

 

そもそも著作権って何ですか?

そもそも、貴兄は「著作権」って

 

ちゃんと理解されてますか?

 

 

たぶん、なんとなく的な

 

理解度ではないですか?

 

 

ワタシはなんとなく~~でしたから(笑)

 

 

著作権とは?

「著作権」とは

 

その名の通り、「著作物」(作品など)に対する

 

「著作者」(作ったひとなど)の

 

独占的な利用権のことです。

 

 

 

「著作物」は、

 

文芸とか学術、美術や音楽などなどの

 

いわゆる文化的なジャンルの中で、

 

人間の思想・考えや

 

感情・心情などを、

 

創作的に表現したもののことです。

 

 

たとえば、本や写真、絵画や劇、音楽や映像などが

 

著作物といえますね。

 

そして、

 

それらの作者には「著作権」が認められる、ってことです。

 

 

著作権は、作品を創った時点で、

 

著作者に発生します。

 

 

特に届け出とかはいらないんですね。

 

 

資格とかもないので

 

貴兄が創った作品にも

 

著作権はあるってわけです。

 

 

著作権の権利内容とは?

  • 公表権
    著作物を、好きなタイミングで公開する権利です。公開しないことも選択できます。
  • 氏名表示権
    著作物の公表の際に、著作者名を表示するかしないかを決定できます。実名か変名か、変名の内容も決めることができます。
  • 同一性保持権
    著作物の内容やタイトルを、意に反して勝手に変更されない権利です。
  • 複製権
    著作物をコピーする権利です。Youtubeでも重要な部分となります。
  • 上演権・演奏権
    著作物を公に上演・演奏する権利です。
  • 上映権
    映画などの著作物を公に上映する権利です。
  • 公衆送信権・公の伝達権
    著作物をネット上などで公衆送信したり、放送したり、公衆送信された著作物を伝達したりする権利です。これもyoutube利用に際し、非常に重要な部分となります。
  • 口述権
    言語の著作物を朗読などによって口頭で伝える権利です。
  • 展示権
    美術の著作物や未発行の写真著作物を展示する権利です。
  • 頒布権
    著作物の複製物を販売したりレンタルしたりする権利です。youtube動画でも問題になる可能性があります。
  • 譲渡権
    映画以外の著作物や複製物を譲渡する権利です。
  • 貸与権
    映画以外の著作物の複製物をレンタルする権利です。
  • 翻訳権・翻案権
    著作物を翻訳したり、編集、編曲、翻案などしたりする権利です。
  • 二次的著作物の利用権
    翻訳や編集などによってできた二次的著作物を利用する権利です。

※出典:https://izumi-keiji.jp/column/law/yt-ihoudl-ihouul

 

・・・なんか、いっぱいありますね(;'∀')

 

要は、

 

「著作物」を、作った方に無断で

 

公の場に発信したり、作り直したり、

 

コピったりしたら、いけませんよ!

 

ってことですね。

 

著作権に違反すると・・・?

 

違反した場合は、

 

  • 差し止め請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事責任の追及

 

などのペナルティが課せられることがあります。

 

 

基本的に、

 

個人で利用するだけの目的ならば

 

罪に問われることはないですが、

 

平成24年10月に著作権法が改正されて、

 

「私的使用目的」であっても、

 

対象の動画などが

 

無断でアップロードされていることを知っていて、

 

なおかつ有償で提供されているものであると

 

知っていた場合には、

 

そのサイトからダウンロードしただけで

 

犯罪が成立することになっています。

 

 

そもそも、YouTubeの規約には

 

ダウンロード自体が禁止されているので

 

本来だめなんすけどね(-_-;)

 

⇒YouTube利用規約

 

 

YouTubeさんを活用して

 

ビジネスをしようというのであれば

 

決まりはちゃんと守らないとダメですね。

 

 

というわけで、今回はここまで。

 

最後までご覧いただき、感謝です!

 

情熱ダンディー、JDでしたっ!

 

 

 

友達追加して、YouTubeの限定情報をゲットしよう!

友だち追加

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ